ジャニーズ

【動画まとめ】上田竜也がチャンカパーナを踊らな過ぎてヤバい!3大再履修科目とは?

『MUSIC DAY』のジャニーズシャッフルメドレーの『チャンカパーナ』を全く踊らないことが定番になっているKAT-TUNの上田竜也さん。

あまりの踊らなさに異例の再履修もさせられた上田竜也さんですが、やっぱり踊らずネットでは「再々履修になりそう」と言われるほど。

『チャンカパーナ』を頑なに踊らない上田竜也さんは、もはや恒例行事になりつつあるかも笑。

今回はKAT-TUNの上田竜也さんが”チャンカパーナを踊らな過ぎて再履修”というテーマをご紹介していきます。

上田竜也がチャンカパーナを踊らなすぎて再履修に!

上田竜也さんはこれまでに2回『MUSIC DAY』で『チャンカパーナ』を披露しています。

  • 2015年7月4日
  • 2020年9月12日

まずは上田竜也さんがどれだけ『チャンカパーナ』を踊らないのか動画で見ていきましょう!

2015年7月4日のチャンカパーナ

こちらは2015年7月4日の『MUSIC DAY』で披露された『チャンカパーナ』。

一番右で歌っている上田竜也さんですが、ところどころ振りが抜けていますね。

しかし2015年の『チャンカパーナ』の場合は、「踊らない」ではなく単純に振りがあやふやなだけにも見えますね。

2020年9月12日のチャンカパーナ

問題は2020年9月12日の『MUSIC DAY』での『チャンカパーナ』。

もはや最初から全く踊っておらず、踊る気がみじんも感じられませんね笑。

常に棒立ちで、アイドルらしさを振りまきながら歌って踊っている他のメンバーと比べると明らかに怖い笑。

最終的にはマイクスタンドを振り回していました。

全く踊らない上田竜也さんを一部で叩く人もしましたが、多くのファンは”ネタ”として捉えていていたようです。

 

あまりにあからさまなので、最早面白いですよね笑。

上田竜也さんが2回も『チャンカパーナ』を踊らなかったことで、「再履修決定!」と話題にもなりました。

上田竜也はチャンカパーナ以外は真面目に踊って歌う

『チャンカパーナ』を頑なに踊らない上田竜也さんですが、『MUSIC DAY』のジャニーズシャッフルメドレーの他の曲では真面目に歌って踊っているんです。

2018年7月7日の『がむしゃら行進曲』でははっちゃけて踊っている上田竜也さんがいました。

2019年では『希望~Yell~』を披露した上田竜也さんですが、この時も真面目に踊っています。

上田竜也さんの隣には上田さんが”アニキ”と慕う櫻井翔さんが。

ネットでは「アニキの横だから一生懸命歌っているのでは?」という意見もあったほど。

2020年9月12日の『世界に一つだけの花』でも真面目に踊っていました。

実はこの『世界に一つだけの花』は踊らない『チャンカパーナ』の直後。

全く踊らなかった『チャンカパーナ』からの真面目なダンスというギャップに二度見してしまいそう笑。

2020年11月25日の『感謝カンゲキ雨嵐』では今までで一番真面目に歌って踊っている上田竜也さんがいました。

オリジナルでは櫻井翔さんが歌っているラップ部分を全力で歌う上田竜也さん。

やはりアニキの歌だからでしょうか?

やはり『チャンカパーナ』以外の曲は真面目に踊っているようですね。

上田竜也がチャンカパーナだけ踊らない理由は「手越祐也」?

何故上田竜也さんは頑なに『チャンカパーナ』だけ踊らないのでしょうか?

ネットでは「手越祐也さんが原因なのでは..?」とも言われています。

スキャンダルを起こしまくり、芸能活動休止中だった手越さんがそのままNEWSを脱退したのが2020年6月19日。

上田竜也さんは、スキャンダルで活動休止し脱退した手越さんが許せなかったのでしょうか?

2018年の『MUSIC DAY』のジャニーズシャッフルメドレーでは脱退前の手越さんと同じグループでしたが、真面目に踊っていましたね。

しかし上田さんが踊らない原因の真実は異なるようです。

上田竜也さんのファンによると、上田竜也さんが踊らなかったのは1回目の『チャンカパーナ』で踊れなかったことをからかわれ拗ねてしまったのが原因なんだとか。

もしかして上田竜也さんは、むしろ「チャンカパーナを踊らない俺」の方がネタとして面白いと考えたのかもしれませんね。

上田竜也の3大再履修科目

『チャンカパーナ』を再履修になってしまいそうな上田竜也さんですが、実は『チャンカパーナ』の他にも再履修必須な科目が。

  • 踊らないチャンカパーナ
  • イノシシの耳を付けない
  • WAになっておどろうを踊らない

詳しく見ていきましょう!

①伝説のチャンカパーナ

まずは言わずもがな「踊らないチャンカパーナ」ですよね。

2015年の『チャンカパーナ』で踊れていなかったため「再履修だ!」と言われていましたが、結局再履修した2020年では更に踊っていなかった上田竜也さん。

なので「再々履修するべきなんじゃ?」とも言われています。

②イノシシの耳を1人だけつけない

2018-2019年の『ジャニーズカウントダウンコンサート』で猪年のメンバー9人が「イノシシナイン」というグループが誕生。

イノシシナイン全員が可愛いイノシシの耳を付けていましたが、何故か上田竜也さんだけ耳を付けていません。

1人だけイノシシの耳をつけていなかったことから、「上田君、イノシシ狩った?」とネタにされていました。

上田竜也さんが1人だけ違う行動をしていると、すぐに大喜利が始まるようですね笑。

しかし上田竜也さんがイノシシの耳を付けていなかった理由は”忘れたから”なんだそう。

1回目の『チャンカパーナ』」の振り同様、少しおっちょこちょいなのかもしれませんね。

③『WAになっておどろう』を1人だけ踊らない

2020年5月22日の『ミュージックステーション』での企画「WAになっておどろう」でV6の『WAになっておどろう』を披露したKAT-TUN。

亀梨和也さんと中丸雄一さんが可愛らしくほっぺたに手を添える振りの所で上田竜也さんだけが全く違うポーズを。

基本的には踊りに忠実でノリノリな上田竜也さんですが、「うじゃけた顔してどしたの」の部分だけ何故かイキった顔をしています。

1人だけ振りをやらない上田竜也でしたが、ファンには「上田君らしい」と可愛がられているよう。

上田竜也さんが1人だけ踊らなかったり、違う行動をしていても「それが上田君」で許されてしまうのかもしれませんね。

しかし今後も再履修しなければならない科目が出てくるかもしれません笑。